処を変えよう

蜂を退治するのはかなり大変ですよね。まず近くに一匹だけで飛んでいる場合はこちらから刺激を与えなければ静かな場合が多いです。蜂はむやみやたらと人を襲うわけではありません。見かけたら通り過ぎるのを待ちましょう。まだ小さな作りかけの巣を見つけたら、近くにいないことを確認して長い棒などで落とします。巣がなくなると蜂はどこかへ行ってしまうので、早期発見が大切です。しかし自分たちの手に負えなくなるほど多くな巣になってしまった場合は、業者に頼んだ方が安全です。数も多くなっていますから、下手に殺虫剤などを撒いて蜂を刺激してしまうと攻撃してきます。まずは状況をよく見て、退治できる範囲であるかどうか判断しましょう。

蜂に二度刺されるとアレルギーを起こしてしまうという話は有名ですね。小さい頃に刺された方はたくさんいらっしゃることでしょう。できれば毒をもった虫に出会わない方がいいですよね。もし急に対処しなければならない時など、咄嗟に判断がつかなくなります。いかにして効率よく退治できるかがポイントになってきます。相手は羽のある生き物ですから、どこから飛んでくるかわかりません。おいしいエサがあったり、巣を作りやすいところに寄ってきます。そこで、蜂を寄せ付けない工夫をしましょう。好物とする花や薄暗く天敵に狙われにくい、巣作りに最適な環境がご自宅付近にありませんか。以前巣を作られたことのある場所は要注意です。急に蜂を退治しないで済むよう、まずは事前に準備をしておくことが大切です。ぜひご自宅の周辺を確認してみてください。