• 夏と蜂の関係性

    夏は蜂が好む季節。蜂の巣ができた時には、どのような対策をとればいいのでしょうか?逃げる事も大事ですが、殲滅させるという方法もあります。今一度、蜂に対する駆除の仕方を考えてみましょう。

    Read more
  • 専門的な業者

    蜂退治を行なうにあたっては、害虫駆除業者などの専門業者のサービスを活用するのがお勧めとなっています。なぜなら、専門業者は蜂を駆除する事で生活しています。それほどの技術は一般的な人物では正直難しいのが現状です。

    Read more
  • 処を変えよう

    夏にかけて増えてくる蜂ですが、いつの間にか巣を作られていたりたくさんの集団を見かけたという経験はありますか。草木の花に寄ってきたり、適切な場所が見つかれば巣を作ることもありますから、とても危険です。

    Read more

危険なアシナガバチ

アシナガバチの巣駆除に関するこれまでの変遷を見ておく

アシナガバチの巣を発見したら、駆除作業が必要になります。アシナガバチの巣駆除に関するこれまでの変遷としては、各市区町村などでも扱いが増えたのは、まだ割と最近になってからの事でもあります。自然に生息している分には、人間への影響もさほどなかったと考えられますが、人々の生活場所が整備されていくに伴って、民家に巣作りを始めたり、危機感をもった人が多くなった事が背景にもなっています。ハチの中でもスズメバチなどの場合には、巣を大きく形成するケースもあり、危険性も高い事から、駆除作業が必要になっていきました。付随して、アシナガバチの巣駆除作業なども行われる様になった経緯を辿っています。

私たちの生活の中に、危険生物は生息しています。唯、その生物との距離が保たれている分には、駆除作業などを個人で行う事はまずありません。しかし、危険性が少ないとされるアシナガバチの巣であっても、民家の軒先などになると、オスの働きバチが多く発生し、巣を守るために人間を警戒する事にもなります。ハチの場合には、刺される危険性が必ずありますので、人間にとっては脅威と捉える事が多くなります。そのため、アシナガバチの巣駆除などをはじめとする、危険生物、害獣駆除作業などは、今後も増えていく可能性が高くあります。また、地球温暖化が暫く問題になっていますが、その影響で、アシナガバチの生態系なども変わる可能性もあり、都心部の民家にも巣作りするケースが増えていく事なども予想されます。